ヤフオク出品業者からユンボ(ショベルカー)を買ったら詐欺にあった話!良い子は騙されないでね!

ドッグラン作り
PR

焦って買ったらいけないよっていう話

笹と竹の抜根作業に、千葉リース工業さんと新光重機さんからユンボをレンタル(リース契約)しています。

抜根作業自体がそんなに大変だとは思っていなかったため、当初考えていた作業スケジュールよりも大幅に遅れていまい、毎月のリース代がそれなりにかかっていまい、開発費用が当初の見積もりよりも数十万規模で膨れ上がっていました。

そこで、毎月リース代を支払うくらいなら、今後のことを考えてユンボを購入してしまった方が経費削減になるという判断で、ヤフーオークションを始め、色々な業者さんのサイトで中古のユンボを探していました。

リースの契約は月単位のため、出来ればその月で翌月の契約更新をどうするかどうかを決める必要があり、それなりに気持ちが焦っていました。

まあ、これが良くなかった。今ならこんな詐欺に引っかかるのはアホだと思うのですが、実際に「かなり怪しいね」とも話してはいたのですが、「どうしても今月中に買わないと!」という焦りのせいで詐欺の被害に遭ってしまったと言っても過言ではありません。

ヤフーオークションで詐欺にあう業者に出会う

あと2週間のうちに購入しないと!という気持ちの焦りと「これはいいな!」と思うものはお値段がそれなりで手が出ないということが続いていた時、ヤフーオークションで「これはそこそこ良いのでは?」と思えるものを見つけました。

そこで、オークションの成り行きを注視して予算内であれば購入を検討していたのですが、ある人のコメントで「即決価格を教えて欲しい」というものがあり、それに対して「電話で連絡をください」という回答内容でした。

そこで、即決価格で電話で売買されると困るなと思い、私も同じようにコメントで「即決価格の提示を希望」と連絡しました。(文章は違いますよ)

すると、同じく電話ください的な返信があったので、電話で話をしてみることしました。

電話での印象は「まあ普通。そんなに悪くない感じ」でした。

ただ、ヤフーオークションに出品しているものは、私の希望価格では売れないということで、その場で電話を切ろうとしたら「同じ機種で状態も良く、動作確認済み。エンジンやラジエータも問題なしのものがあり、それならもう少し安くできる」ということだったので「写真と情報をメールで送ってください。検討します。」といって電話を切りました。

その後、写真がメールで送られてきたのですが、写真はたったの3枚。全体が写っている写真のみで、メーター類の部分は写真がなく、状態がいまいち分からないものでした。

メールの内容はザックリいうと「良い商品で動作確認済み。エンジン、ラジエータ問題ない。十分使用可能なものなので、買うことをお勧めします」という内容でした。

この内容を見て、ちょっと怪しいなと思ったので、そのまま放置していたのですが、その日のうちに電話がかかってきて「夕方までに返事もらわないと欲しいと言っている人がいるので売ってしまいます」とのことでした。

ここで辞めておけば良かったのですが、なにせ値段が安かったのと、遠目には状態が良いように見えたので、仲間と相談してダメ元かもしれない問いリスクを承知で購入することにしました。

お金払うところから態度が一変

夕方電話で購入することを伝えると、翌日の朝一で指定した口座に振り込むようにという、恐ろしく短い支払期限を切られました。

この辺りからどうも怪しい・・・という気配はあったんですよね。

電話でいきなり明日の朝一と言われても振込に行く時間自体がない!ということでキツめに返事をする「お昼休み中に振り込むように」という、またまた「おかしい」と思えるような期限で指定されました。

ここで辞めておけば良かったんですけどね。。。

仕方ないので、翌日の午前中時間を見つけて振り込みました。

すると、契約書もどきの書類がメールで送られてきたのですが、その内容がひどい。契約書もどきというのは本来の契約書として記載する内容をかなり端折って詐欺業者にとって都合の良いことしか書かれておらず、そもそも契約者が誰なのかも曖昧な非常に不明確な書類でした。

例えば、販売者と振込先の口座名が違う。会社名のように見えて会社ではない。契約者名が個人名で本名かどうかも分からない。という、全てが曖昧で誰が契約者なのか特定できないような内容です。

振込後に、いつ納品されるのかを確認しようと思い電話すると、一方的に手配してから連絡するからそれまで電話するな!という声を荒立てた回答で、質問させてもらえずに一方的に電話を切られました。

こちらにも予定があるので、再度電話してこちらの希望と都合を話しても、ほぼ相手にされずに電話を切られてしまいました。

この時点で「ヤバイ!失敗した!」とは思ったのですが、支払をしてしまっているため、とにかく物を入手しないことには・・・という状態でした。

数日後、詐欺業者から電話かかかってきたので出ようとしたらワン切り。。。仕方ないのでこちらからすぐに折り返して、話をしたところ「◯日の午前午後に納品する」とのことだったので、午後では困るので午前中でお願いしたところ「ちょうどその時茨城に午後行く予定があるから10時30分に納品する」とのことで約束しました。

納品日当日のありえない対応

当日までの間に、道順と道道気をつけたほうが良いポイント、近くの状況などを細かく記載し、さらにGoogleMapmで現地をキャプチャしてそこに印をつけてわかるようにしたものをメールで送っておきました。

これで迷った人は今まで一人もいないので、まあ、普通の業者であれば間違えるようなことはないだろうと思っていたのですが、当日10時30分にになっても現れず。。。

日差しの強い日でしたが、10時50分になっても連絡すらないため、こちらから電話をすると・・・

「あー、高速混んでるからねー、そんなところに突っ立てたら日焼けするよ!あははは」

と人を小馬鹿にしたような笑い声を上。

何時に到着予定かを確認したところ「渋滞しているからわかるわけないだろ」と言われて電話を切られました。

その時点で私は久しぶりに「怒り」という感情に火がつきました!!!

・・・・・・・・。

午後になり、開拓仲間と食事をしていたら電話がワン切りされました。

こちらから電話をかけ直したところ「なんで電話に出ないんだ」と第一声がふざけた事ほざいていました。

そんな罵声を無視して「現場にいるけど見えない。どこにいるんですか?」と聞いたところ「団地にいる」とのこと。

現場近くには団地なんてものはなく、あの地図と情報でどうやったらそんなところに行くんだ?と思えるレベル。

しかも、その団地まで迎えに来い!と言って電話を切られました。この時点で業者とは思えない対応に私の怒りはMAXに!!!

そんな団地なんて近くにはないから無視して待ち合わせの場所にて待っていたところ、遠くからユンボを積んだトラックが見えてきました。

ここからがひどかった・・・

人を馬鹿にするI氏

約束の時間から数時間も遅れた上、電話はワン切りで人に掛けさせ、待ち合わせの場所には来ない上、説明もちゃんとせずによくわからない場所まで迎えに来いというI氏がやっと現れました。

そして、第一声が

「あんたそんなとこにぼーっと立っていたら日焼けするよ!わはははは〜」

人を馬鹿にすることだけを楽しみにしているような言い方です。
隣に乗っていた若い運転手は顔を伏せたままです。

無視していたら、トラックを停めて荷降ろしのために若い運転手が降りてきました。

「あんた運べないだろうから運んでやるよ」

というので、

「私免許持ってます」

というと、ふん!と小馬鹿にしたように吐き捨てられました。

若い運転手は荷降ろし作業を始めたのですが、あまりに人を馬鹿にした態度をとり続けるので私も数年ぶりに切れてしまいました。。。

「だいたい約束の時間には来ない、約束の電話もしてこない、電話で連絡しても連絡が取れないでその態度はおかしいでしょ!!!」

というと、

「道が混んでんだ!知るかそんなもん!」

と逆ギレされました。

そこに、うちの開拓地の男性の仲間が登場して、I氏の態度が急に大人しくなるという、人を見て態度を変える卑劣な人間だなというのが個人的な感想です。

開拓仲間も、このやり取りを聞いてブチ切れていました。

で、やっとユンボを降ろし終わったので確認しようと乗車しエンジンをかけたのですが、ここでさらなる大問題!!!

つかまされたのは完全なる詐欺商品

何が大問題かというと。。。

アワーメータがゼロなんです!!!

アワーメーターとは、油圧ショベルの稼働時間数をひたすら加算してどれだけの時間使用したのかを見るためのメーターです。

アワーメーターはその油圧ショベルの稼働時間がわかるために劣化の度合いや故障のしやすさなど、中古で購入する場合の性能を知るうえで一番大事な目安と言っても過言ではありません。

そのアワーメーターがゼロということは、3600時間ということで購入した中古の油圧ショベルが、実際は10,000時間稼働して、もう使い物にならないものである可能性もあります。というか、そういうことを隠すために変える以外、アワーメーターを変えるということはあり得ません!!!

それを見つけて、すぐに

「アワーメーターがゼロっておかしいでしょ!どういうこと!」

というと、とっとと帰ろうとしていたI氏がトラックから降りてきて

「水没して壊れたメーターをわざわざ変えてやったんだ!ありがたく思え!」

と言い放ちました!

!?!?!?水没ってどういうこと!!!!

中古車でも基本水没した車はエンジンがおかしくなるため廃車です。当然油圧ショベルも同じように故障するのが普通です!!!

そんな廃車すべき油圧ショベルを「良い商品」として高値で売りつけようという明らかな詐欺!

「待ちなさい!!!!」

といって急いでユンボから降りたのですが、トラックを急発進させて逃げて行きました!

はあ・・・正直、この記事を書くために思い出しても腹が立ちます。この記事、あまりに腹が立ちすぎて、書くのに3ヶ月以上寝かせています。。。

I氏を詐欺罪で訴えるかどうか

後日、うちの弁護士の先生とも何度も打ち合わせをしてどうすべきか検討しました。

結果、泣き寝入りするしかないかなというところです。

弁護士の先生の見解では「I氏については詐欺罪が確実に成立」します。裁判になれば、間違いなく私が勝ちます。それくらい確実に証拠(メールや契約書まがいのもの)もあります。

内容証明を送ったりして裁判を視野に入れた動きをしていたのですが、I氏はプロの詐欺師です!

社名は野合というだけで実際には存在しません。口座名義もI氏ではなく別人です。会社名でもなく個人名です。契約書は敢えて郵送したので、住所に間違いがないことはわかっているのですが、こちらも個人の住宅で内容証明を送ったところ「不在」という結果です。つまり常に住んでいるわけではなく、郵便物を受け取るためだけの住所ということです。

このように、足がつかない方法で明らかな不良品を高値でオークションサイトで釣って、オークションを通さずに買わせる仕組み、でI氏は詐欺を働いています。

オークションサイトであれば、不良品であれば救済の余地がありますが、敢えてそこを通させず、オークションサイトへ支払うべき手数料も払わなくて済むようにして、詐欺が分かったとしても泣き寝入りするしかない状況を作り出しています。

実際のユンボも、フランケンシュタイン状態で廃品とすべき部品をつなぎ合わせただけのとても稼働させられないような危険な代物!

写真では色を塗りなおすことで、壊れたところを目隠しし、説明には載せず、稼働しないところがあっても「問題ない良品」として説明しています。

油圧ショベルを買うときには騙されないように気をつけて!

Yahooオークションで油圧ショベルを購入しようと思っている方がいたら、とにかく気をつけて欲しいです。

「家庭的な重機」これを英語的なカタカナに直した会社名(のようなただの屋号)で担当者の名前が「い●だ」という琵琶湖のある県の重機販売者には騙されないでください。

ほんと、このせいで私は数年ぶりに「切れる」という感覚を思い出しました!

ということで、ヤフオクで重機を買おうと思っている人は、やっぱりちゃんと現物を確認してから購入するようにしてください。

ま、詐欺には気を付けようね、というお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました